声優になるためのルートは、大まかに分けると専門学校で学ぶかそれとも、養成所に入所するかになります。

それ以外だと、元々児童劇団などに所属していてそこから、というルートもありますが、代表的なのは専門学校と養成所ですね。

でもどっちがいいのか、それぞれのメリットとデメリットを知ってから、入学や入所したいものですね。

学校と養成所と

専門学校の場合、声優の専門学校でも同じことですが、いわゆる認可校の場合国からの認可を受けていますから、それに応じたクラス内容と授業時間を取っています。

一方の養成所の場合、これは声優プロダクションや劇団、個人のプロの声優などの主催するものなので、縛りはありません。

つまり、どういった時間割でどの程度の授業をするかは、その養成所次第だということです。

その分自由もきき、時間的にも余裕はあります。

ただ認可を受けた専門学校のように、卒業後に学歴としては残りません。

認可されている専門学校の場合、卒業後には履歴書に学歴として記載できる強みがあります。

これが養成所にはないのですね。

いや特に、声優のような専門的な職業には必要ないだろうと思うかもしれませんが、結構大きな違いであることも事実です。

この様に大雑把に見ても結構違いのある養成所と専門学校、どちらを選ぶかで得られるメリットとデメリットは、しっかりと把握しておきたいですね。

声優の専門学校で学ぶメリットとデメリットは

専門学校に入学して声優の道をというのは、最もポピュラーな方法です。

しかしメリットがある分デメリットもありますので、その両方を確認しておきたいですね。

専門学校へ行くメリットは

まず学校形態ということで、認可校なら卒業後に学歴として残るという点があります。

何かで履歴書を書く時にこの学歴欄、やはり目立つものです。

これが残るというのは、専門学校ならではです。

また入学においての選別は基本的にはありません。

どんな初心者でも入学ができますし、1から学ぶことが可能です。

学内イベントも多いので、その際に多くのプロダクションのスタッフに顔つなぎすることも出来ます。

奨学金制度を用意してくれている学校も多いので、学費が心配な時には利用ができますね。

専門学校のデメリットは

まずお金の問題です。

学校というところからすでに、ある程度の学費が必要だということは、これは誰でも分かりますね。

入学前にある程度のお金を用意するか、高校卒業後の進学なら保護者の了解を得る必要のある金額です。

次に時間に関してです。

殆どの声優の専門学校は全日制を取っています。

まれに夜間部の学校もありますが、基本的には昼間の時間の授業になります。

仕事とか他の学校との掛け持ちは、難しいということです。

声優の養成所で学ぶメリットとデメリットは

養成所の場合はどうでしょう。

専門的なイメージの強い養成所のメリット・デメリットも把握しておきたいですね。

養成所に通うメリットは

養成所は声優事務所やプロダクションの主催が多いので、何よりもプロの身近で学べるというメリットがあります。

養成所側も即戦力として、主催のプロダクションにと言う流れが最も理想なので、声優への道はかなり近いと言えます。

また授業数なども多くなく、その分他の仕事や学校との掛け持ちも可能です。

何より学費が専門学校より安いのが、大きなメリットになりますね。

養成所のデメリットは

まず入学でふるい落としがあります。

即戦力が欲しいのと、専門学校ほど人数を受け入れられないので、実技試験でこれはと思う人材だけ残す、つまり初心者には入所は難しいのです。

また認可校と違って、授業などは主催者任せです。

明日急に休講とか、そういった事があっても文句が言えません。

プロダクション併設の養成所の場合、そのプロダクションの好みの声、個性の人を選びますのでその点でも入所が難しくなることもあります。

またこれはもちろんですが、学歴としては残りません。

メリットとデメリットを把握して選ぶ

どちらにもメリットとデメリットはあります。

なのでそこをよく考えて、入学先を決めてください。

すでに経験もあり、ちょっと憧れの声優もいるなどの場合、その養成所に入るのはおすすめです。

主催者側の求める声や演技であれば、その養成所との相性は抜群ですから、楽しく学べる上に仕事の来る可能性も高くなります。

しかしあまり経験がなく、特に憧れの声優とかプロダクションもない場合、これは専門学校で1から学ぶのがおすすめです。

専門学校ならいささか卒業までに時間はかかりますが、基礎からみっちりと演技もですが他に業界マナーなども仕込んでくれます。

在校中に、イベントなどでスカウトされる可能性もないではありません。

こうした、それぞれのメリットとデメリット、向いているタイプというのも熟慮して、どちらにするかを考えていってください。

まとめ

一概に、専門学校のほうがとか、養成所のほうがと言う言い方は出来ません。

要はその人に向いた勉強の仕方を選ぶのが、何よりも声優への早道だということです。

すでにある程度経験のある人が専門学校へ行くのは、時間の無駄にもなります。

全くの未経験者が養成所の入所試験を受けても、まず受かりません。

そうした事も考えて、養成所にするか専門学校にするか選んでいってください。