声優という職業に憧れ、声優養成所への入所や、声優の専門学校への進学を考える人もいます。

一方で、「本当に声優になれるのだろうか」と悩むこともあるでしょう。

ここでは声優の専門学校に進学した場合の卒業後の進路について述べてみます。

専門学校の卒業後の進路状況を知ることは大切

プロ声優を目指すには多くの関門があり、競争の厳しい世界でもあります。

声優デビューが可能かどうか、不安に感じる人も多いでしょう。

声優の専門学校を選ぶ場合には、卒業生の進路状況について知っておくことは重要です。

もちろん、どのようなカリキュラムで何を学ぶかが大切なのは言うまでもありません。

声優としてのスキルを確実に身につけ、将来のオーディションに備えた基礎的な力を養うことは極めて重要です。

それと同時に、実際にプロダクションの所属になり、プロ声優の道を確実に歩んでいる人がどの程度いるかについて事前に調査しておくことが大切です。

各専門学校は、それぞれで卒業後の進路状況に違いがあり、結果を出している専門学校もあれば、そうでない学校もあります。

卒業後の進路状況を知る方法については、いくつかあります。

ホームページやパンフレットを参考にする

最も簡単な調べ方としては、各専門学校のホームページやパンフレットに記載されている卒業後の進路について確認することです。

プロダクションへの所属や預かりなど、どの程度の割合で実現できているのかを知ることができます。

但し、全体的な数字が掲載されているだけで、具体的な詳しい内容については述べられてないことも多いです。

全体的な数値自体も掲載されておらず、進路状況が不明な学校も存在します。

ホームページやパンフレットだけの情報では、たとえ全体状況は把握できたとしても、個別具体的な状況を知ることには情報不足の場合があります。

オープンキャンパスを利用して質問する

卒業後の進路状況をさらに突っ込んで知りたい場合は、オープンキャンパスを利用して担当者に質問することが効果的です。

声優の専門学校では、入学前にオープンキャンパスを実施しているところが多く、体験授業や質問受付など、学校案内を見ただけではわからない情報や体感を得ることができます。

また、プロ声優になるためには専門学校卒業後にどのようなルートをたどるのか、併せて確認しておくと理解が深まります。

知らない相手に対して突っ込んだ質問をするのは気兼ねしてしまう場合もありますが、自分自身の将来のことであり、聞きたいことはすべて遠慮なく質問することが大切です。

質問しても明確な回答が返ってこない場合や、期待できない進路状況であれば、別の専門学校を検討することも大切です。

OBに話を聞く

専門学校の卒業生に話を聞くことも有益です。

OBの生の声を聞けば、専門学校の雰囲気や卒業後の進路について、さらに深い情報を知ることができます。

特に卒業後の進路状況が知りたい場合は、在学生よりも卒業生の方がリアルに体験しています。

自分が入りたい専門学校のOBに話を聞くのが一番いい方法ですが、該当するような人がいない場合がほとんどでしょう。

たとえ他の専門学校であっても、似たようなカリキュラムを実施しているため、話を聞くことは全体像を知る意味で有益です。

具体的にそのような相手がいない場合は、ネット上の口コミを参考にするといいでしょう。

口コミではポジティブな意見もあればネガティブな意見もありますが、両方の要素があることを理解し、その上でバランスのとれた判断を行うことがおすすめです。

就職に対する取り組み方は専門学校で違いがある

声優の専門学校に進学しても、途中で学校を辞める人や、卒業後に声優の道を諦める人もいます。

そのような場合は一般企業に就職することになるでしょう。

声優の専門学校の中には、声優の道に進めなかった人に対しても、一般企業への就職サポートが充実している学校もあります。

声優になりたいという強い意志は大切ですが、万が一の場合に他の就職先の選択肢が取れる学校であれば、一定の安心感があります。

自分の将来設計に備えて適切なルートを選ぶこと

声優の専門学校を卒業した場合でも、その後に声優養成所に入所するケースも多いです。

また、専門学校ではなく、最初から声優養成所に入所する場合もあります。

声優養成所は、声優プロダクション直属で運営されており、そのプロダクションを目指す場合にオーディションに対する有利性があります。

専門学校は一般的に学費が高めですが、声優養成所のレッスン費用はそれに比べて安く済ますこともできます。

一方、声優養成所は学位ではありませんが、声優の専門学校は学位として認められる点が特徴です。

声優とは関係のない一般大学に通いながら、夜間の専門学校に通ったり、声優養成所を利用したりするケースもあります。

卒業後の状況を考えながら、自分にとって最も適切と考えるルートを選択するといいでしょう。

まとめ

声優の専門学校に通う場合は、卒業後の進路に対する意識をしっかり持っておくことが重要です。

せっかく卒業したにも関わらず、ほとんどが声優養成所に入り直す学校もあります。

こうなれば学費負担も大きくなります。

客観的にその専門学校の実力を判断することが、専門学校選びについて重要なポイントです。