人気の声優業界、アニメやゲームの数も多く制作されているので、声優の活躍場所は広がる一方です。

業界でも有望な新人声優を多く求めています。

もちろん声優になりたいと希望する人は、跡を絶ちません。

しかしここで悩むのが、専門学校に行くほうがいいのか、養成所にするかということですね。

声優の専門学校と養成所大まかな違いは

言葉の意味としては、学校と養成所の違いです。

イメージ的には、学校は勉強するところで、養成所は育てるところと言う感じですね。

実際には育てるという意味においては、どちらも同じですし、学ぶという点でも同じことです。

最も大きな違いはと言えば、専門学校は学校形態をとっていることで、養成所はプロダクションや個人のプロの声優の主催によるものだということです。

比べてみると専門的なのは養成所の方、と言った感がまりますね。

実際養成所の場合、募集人数も少ないので、人気の養成所の場合入所試験がかなり厳しくなります。

つまりある程度の経験を、入所に置いてすでに求められるということです。

一方の専門学校の方は、こちらは基本的に入学試験はありません。

広く門戸を開放しています。

学校というくくりがありますので、基本から学べますし完全初心者でも入学が出来ます。

(参考)私が絶対おすすめする声優専門学校はここ!

専門学校に入るのがおすすめのタイプは

2つの間で心が揺れるのは、仕方のないことです。

なずは専門学校入学がおすすめできるタイプから見ていきましょう。

経験が殆どない人

演技と言えば、学校のクラスの出し物でやった程度、などという人のほうが多数ですね。

こうした人が声優を目指す場合、基本から学ぶ必要があります。

加えて、入学試験などあって技術的に振り落とされるような養成所の場合、こうした人はよほど何か無い限り入ることも出来ません。

専門学校での1からの勉強をおすすめしたいです。

全日制に通えるだけの時間のある人

専門学校の場合基本的に、授業は昼間にあります。

なので昼間の時間が全部学校に使える人に向いているのです。

高校を出たばかりで進学先を専門学校にしたい場合は、保護者の了解があれば入学できますし、基本から勉強できてしかも授業も充実しています。

履歴書に学歴として残したい人

卒業後にオーディションを受ける時や、つなぎにバイトをする時など、履歴書が求められますね。

ここの学歴欄に、卒業した専門学校が認可校であれば、学歴としての記入ができます。

これがない場合、中卒とか高卒になってしまうので、学歴として残せるのは後日の事を考えると、かなり大きな物になります。

養成所に入るのがおすすめのタイプ

では養成所の場合はどうでしょう。

専門学校に比べてこぢんまりした感じと、プロっぽい感じがするのが養成所ですね。

ある程度演技の経験のある人

養成所の場合、特に声優のプロダクションの主催する養成所は、即戦力を求めているところが多いです。

なのですでにある程度の演技経験のある人材を求めているのです。

そのために入所のときの振り分けも厳しいのですが、自分の演技経験に自信があれば試してみてください。

また、まだまだだけどこの声はとか、この人は伸びるかもなどと認知されることもあります。

ちょっと人と違う自分をアピールできることもあるのです。

専門学校に行くだけの時間が取れない

すでに仕事を持っているとか、ほかに学校に通いながら、もしくはバイトで稼ぎつつ声優にある勉強をしたいなどの人の場合、養成所の方が時間的にも適しています。

専門学校の全日制だと1日中学校ですから、それは時間的に無理という人には、養成所のほうが向いているのです。

プロになるならどっちの学校が良いの

プロへの道は専門学校のほうが近いのか、それとも養成所のほうが早道なのか、それによって選びたい人は多いはずです。

実際のところ、即戦力を求めているという点では養成所のほうが、プロに近い位置と言えます。

声優のプロダクションの経営だと、養成所の講師だけでなく、プロダクションのスタッフの目も光っています。

これはと思えば、仕事が早く回ってくることだってあるのです。

ただそのプロダクションの色というものがあるので、それに見合ったタイプでないと入所時点ですでに難しいと言うのも事実です。

専門学校の方はと言えば、まずこちらは学校形態なので、卒業待ちになります。

とは言えイベントなども多いので、そういった場所でのスカウトも無いとは言えません。

イベントの時などは各プロダクションのスカウトも顔出しします。

養成所と違っていろいろなプロダクションのスタッフと会えますので、自分の声や演技に見合ったプロダクションと出会える可能性があるのです。

入学入所までの経験にもよりますが、プロへの早道としては養成所となります。

しかし広範に渡って自分をアピール、卒業後の声優としての道を広げておきたい人の場合、急がば回れの専門学校を選ぶのがおすすめです。

まとめ

専門学校と養成所、まず規模が違うということは、これは明らかです。

専門学校は何よりも学校ですので、業界での一般的な礼儀なども教えてくれます。

細かいところまで、演技だけでなく勉強ができるのが声優の専門学校です。

でももっと声優に、ある分野に特化した学び方をしたい場合、養成所を選ぶのも1つの手であると覚えておいてください。